2018年11月28日(水)

【メンバー他己紹介】プロバレエダンサーゆうまくん

斎藤真木
SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
いとしまシェアハウス住人のマッキー(@maki_88s)です。

今日は同じシェアハウス住人のゆうまくんをみなさんにご紹介します。

では、さっそくいってみよ〜〜!!!

肩書きが多いプロバレーダンサーゆうまくん

ゆうまくんはこんな人!というのを書き出してみました。

  • マイケルジャクソン似の25歳
  • 海外で活躍してきたプロのバレエダンサー兼講師
  • プログラマー兼講師
  • ライター
  • 笛吹き
  • 筋トレマニア
  • 超大食い

妹さんの影響で幼少期からバレエにどっぷり。学生の頃は並行して水泳もしてたとか(どんだけ)

音楽一家で育ったこともあって、音楽やアートセンスも高いものを持っているゆうまくん。

都内の某エリート校から有名大学の芸術学部へ進学するも、数ヶ月で辞めて、単身ヨーロッパへ!

現地のバレエ団で7年間実績を残してきた、まあ、言ったらすごい人です!

バレエという一つのことを極めた25歳の青年は、次のステップに進むべく選んだ土地が、ここ糸島。

いとしまシェアハウスに移り住んだ理由・ゆうまくんが今真剣に考えていることがこの記事に詰まっています。

常にチャレンジする姿勢を崩さない

一言で言えば「努力家」なゆうまくん

プロだった人が、全然畑違いのプログラミングにゼロから挑戦する姿を間近でみていますが…

プライドとか全く関係なく、吸収力がすごいです。

孤独な作業とも正面から向き合っていますしね。

 

常にチャレンジする姿勢に感化されるし、一緒に暮らすだけではなく、負けていられない!と思わされます。

同士でありライバルで居たいから、わたしも成長を止めないぞ!

よく食べ・よく眠り・よく動くシンプルな生活

”プロのバレエダンサー”なんて聞くとワーオすげええ!と思うかもしれませんが、

彼をみていると、特別なことはなくとてもシンプルな生き方を貫いています。

よく食べ・よく眠り・よく動く

その一つ一つにいつも真剣で、見ていてとても気持ちがいいです。

たまに等身大の25歳の素顔も…

無邪気という言葉が似合わないけれど(笑)そこは25歳の青年。

ニカっと歯を見せて笑う姿はかわいいもんですよ(笑)

10代から単身海外で厳しいプロの世界に身を置いていただけあり、大概のことは一人で卒なくこなすゆうまくん。

だからこそ(?)ちょっと人に頼るのが苦手な一面が・・・!

車の免許を持っていない彼は、シェアハウスから最寄りの駅までの30分の道のりをよく歩いています。
終電で帰ってくるときくらい、お迎え頼ってくれてもいいんだよ・・・(笑)

個人的にはシェアハウスで周りに甘えるスキルをつけてほしいな♡(たまにお姉さん的視点。議論すると100%負けますが…w)

ゆうまくんのこれからが楽しみでならない

まだ25歳。

バレエを極め、プログラミングを極め(途中)、さあ次は何を仕掛けて行くんだろう・・・?

個人的にゆうまくんの今後が楽しみでならない・・・!!!

いとしまシェアハウスで暮らす人生のほんの一瞬の時間、一緒にコンテンツを生み出す仲間でありたいな。

肩書き:鷲見雄馬/Yumi Sumi でどんどん活躍の幅を広げていってほしい!!!

 

一緒に頑張ろうね〜〜〜〜^^

 

ゆうまくんの詳しいプロフィールはこちら

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加