短期住人2018年12月18日(火)

#大工インレジデンス しんちゃん卒業!ハイスペック男子しんちゃんを褒めちぎってみた。

畠山千春
SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月から#大工インレジデンス で活躍してくれていた。しんちゃんが今日卒業しました。
振り返ると4か月弱、あっという間すぎて、時が経つのが早すぎて……!

本当にありがとう、ありがとう〜!!!

というわけで、この記事ではしんちゃんをほめちぎろうと思います。
しんちゃん褒められるの苦手だから、こんなに褒められたら困っちゃうかもだけど。

しんちゃーーん、読んでる〜〜〜〜〜???

というわけで書いていくね。

今年の秋から始まったプロジェクト”大工インレジデンス”。
彼はこの取り組みに参加するために、我が家にやってきました。

このプロジェクトは、

「大工さんは滞在費&食費無料で我が家にステイ可能。
そのかわりに、納屋の改修を進めよう」というもの。

私たちにとっても初めての取り組みだったこともあり、正直不安もありました。

お金ではないやり取りだからこそ、どっちかが疲れてしまうような関係性は良くありません。改修作業が彼らにとって「仕事」みたいになってしまったらダメだし、かといって働かなすぎてもお金を払って住んでくれている他のメンバーに誠意のないことになってしまうし。

そのバランスをとりながら、どれだけ楽しく進めていけるかがこのプロジェクトが成功するかどうかの鍵となっていました。

でも、そんな小さな不安をすっかり取っ払ってくれたのがしんちゃんでした。

彼は過去に大地の芸術祭のコーディーネーターをしていた経験もあり、チームビルディングからスケジュール調整まで、細かいサポートまでしっかりとやり遂げてくれました。全国から集まった個性的な大工チームをひとまとめにし、オープン日までにきっちり仕上げるあたりはもう、さすがとしか言いようがない。地域の人たちに向けて、餅まきをやろう!と提案してくれたのもしんちゃんでした。

もちろん、改修技術の腕も確かです。

さらに、彼の技術は改修だけにとどまらず

・電気
・水回り
・地元の人とのコミュニケーション
・写真
・料理
・釣り
・チームビルディング

と、なんでもできる超ハイスペック男子。

しんちゃんが釣りにたくさん行ってくれたおかげで、お魚いっっぱい食べられたなあ。ありがとう!

それから、しんちゃんのお友達づてで使われていない木材をたくさんいただいたり、大分までたくさんの機材を一緒に取りに行ってくれたり、彼なしでは納屋のリノベは進められなかった。いやー、しんちゃんがいとしまシェアハウスと出会ってくれて本当に良かった。こんなにいい人と出会えるとは思えなかった。嬉しいなあ。私たち、超ラッキーだなあ。

そしてしんちゃんは、人に教えるのも上手です。

私が最近カメラを勉強し始めたと言ったら、「俺も昔、ちょっとだけカメラやってたよ」というので、最後の最後(出発前日)に建築写真の撮り方を教わることになりました。

カメラを「ちょっとやってた」だけのはずのしんちゃん、取り出した機材が全然「ちょっと」じゃない!!!ガチすぎる!!!三脚の使い方、シャッタースピードや感度の調整、水平の撮り方まで丁寧に教えてくれて、とってもいい写真が撮れました。ありがとう〜!

 

ちなみに、こんな場所だった納屋を

 

ここまで生まれ変わらせたの、すごくない!?!?

 

 

これからの発信のことを考えて、広角レンズ買おうかな、なんて相談までのってくれて。しんちゃん、最後まで面倒みよすぎかーーーー!!

 

いってらっしゃい会は、マッキーの働く牡蠣小屋で、牡蠣を10キロ食べまくりました。最高か!!!!!

しんちゃん、短い間だったけど本当にありがとう!
ムードメーカーのしんちゃんのおかげで、毎日が修学旅行みたいな、ジェットコースターみたいな、超楽しい日々でした。リノベの作業中にかけてた曲のセンスも最高やったーーー!プレイリスト今度教えてね。

(あ、やばい、寂しくなってきた)

地元が福岡なので、遠くない未来にまた会えることを楽しみに、私たちも納屋の改修さらに頑張るぞー!!!

いつでも帰ってきてねー!待ってるよ!!!
ありがとーーーーー!!!!

ちはる

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事